MENU

カードローン審査に影響するポイントとは?

【収入があるかどうかは申し込み可否に直接関わる】
カードローンは誰でも申し込めば使えるというわけではなく、申し込みの際に審査があり、その審査にパスしないと利用できません。審査に影響するポイントはいくつもありますが、最も大きなものの一つは収入です。消費者金融は総量規制の制度が適用されますので、収入がない主婦や学生などは利用できないことになります。アルバイトやパートであっても、収入があるのであれば申し込みは可能ですので、心配せずに申し込みすることができるでしょう。また、職業もある程度影響します。正社員でないとカードローンの利用ができないということはほとんどありませんが、非正規雇用の場合は融資限度額が低めに設定される傾向にあります。銀行系のカードローンなどでは、アルバイトやパートなどの場合は、現在の職場に半年以上勤務していないと審査が厳しくなることもありますので、もし確実にカードローンを利用したいのであれば、その期間が経つまで待った方が良いでしょう。

【信用情報をチェックされることになる】
カードローンの審査においてもう一つの重要なポイントは、申込者の信用状況です。年収がある程度あるとしても、現在多額の借金を抱えていたり、過去に債務の不履行があったりすると、返済能力や信用性に疑問があるとみなされて審査に通らないことがあります。金融機関はこうした情報を信用情報機関に照会して、データをチェックしています。この信用情報機関はクレジットカードや一般のローン商品、他社のカードローンなどの情報を一元管理していて、照会に応じて情報提供をしている機関です。そのため、過去に支払い遅れや不履行、債務整理などの履歴があるとすぐに分かってしまい、ブラックリストに載っているということが判明するのです。

消費者金融の場合は、年収の3分の1までしか借りられないという総量規制の制度があります。そのため、他の金融会社でローンを受けている場合は、信用情報機関での情報を基に、いくらの融資限度額まで大丈夫かということが判断されることになります。もし、上限いっぱいまですでに借りている状態であれば、審査に落ちてしまうこともあります。こうしたことから、金融取引の状況というのは、カードローン審査ではとても大きな影響を与えるものですので、何らかのローンを使っているのであれば確実に返済を続けていき、もし現在融資を受けているのであれば、ある程度返済してから新しいローンを申し込んだ方が良いでしょう。

<参考ページ>
http://moneykit.net/visitor/loan/loan04.html
https://xn--119-jj4bzfqipb4dc5001if01a.net/
http://www.keiyobank.co.jp/kariru/cardfree/item/soketsu.html
https://www.taikobank.jp/loan/card_luxzo/